性感染症(STD)

様々な性感染症

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。

性感染症は皮膚や粘膜を介して感染していきます。

 

感染すると多くの場合、おりもの異常や性器のかゆみといった症状に見舞われますが、中には症状が出ず検査をしないと判明しないものもあります。


放置すると不妊症に繋がることもありますので、違和感がある場合は我慢せず、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

クラミジア感染症

最近特に、20歳代を中心とした若い女性の間で感染がひろまっているのが、クラミジア感染症です。

女性が感染すると、子宮頸管炎を引き起こす可能性があります。

症状について

多くの人が自覚症状を感じないため、感染していても気付かず、放置されやすい傾向にあります。

そうして対処しないでいるうちに、子宮の入口で炎症を起こしてしまいます。

子宮頸管炎になるとおりものが増えたり、さらに病気が進行すると、下腹部痛や性交時痛に襲われるようになったりします。

 

また、妊娠中にクラミジアに感染すると、流産や早産の原因になったり、生まれた子どもにも感染が広がったりしてしまう危険性があります。

検査方法 おりもの検査や尿検査を行います。
治療方法

通常は抗生物質の服用で治療可能です。

ただし、女性だけが治してもパートナーが治療をしていなければ、相手を介して再び感染してしまうことがあります。

 

感染が認められた場合は、パートナーと揃って治療を受けられることをおすすめします。

淋病

淋病とは、淋菌と呼ばれる細菌に感染して起こる病気です。

女性が感染しても自覚症状が起こりにくい感染症です。

症状について

女性の場合は、感染しても無症状であることが多く気付きにくいですが、子宮の入口で炎症が起きると、黄色い膿のようなおりものが出ることがあります。

体の中で感染が広がり、骨盤の中で炎症が起きてしまうと、発熱し、下腹部痛が起きることが多くあります。そして、そのまま放置すると不妊症に繋がってしまいます。


最近増加しているのは、オーラルセックスにより女性が咽頭感染するケースです。

検査方法 おりもの検査を行います。
治療方法

通常は抗生物質を服用して治療します。

近年は、薬の効きにくい淋菌も増えてきているため、定期的に検査をしながら、治療できていることを確認する必要があります。

膣トリコモナス症

昔に比べ減少傾向にはあるものの、性交渉以外でも感染する可能性のある病気です。

トリコモナス原虫の感染によって膣炎が起こります。

比較的年齢層の高い世代での感染が多く、お風呂、トイレ、タオルなどで感染することもあります。

症状について

外陰部にかゆみが起こりやすくなります。

また、ニオイをともなう黄色い膿状のおりものが出ます。

検査方法 分泌物の顕微鏡検査または培養検査を行います。
治療方法 抗原虫薬を服用して治療します。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス感染による病気です。

ウイルス性疾患のため、体の抵抗力が落ちているときなどにかかりやすいと言われています。

また、同時にハイリスクタイプのヒトパピローマウイルスに感染することも多いため、子宮頚がんのリスクが高まることも懸念されます。

症状について

外陰部や肛門にかけて、小さなイボがたくさんできます。

さらに、イボが増えて塊になるとかゆみがひどくなったり、異物感を覚えたりするようになります。大きくなると、見た目に明らかな異常が出てきます。

検査方法 膣内の粘膜からウイルスを採取して病理検査を行います。
治療方法

外用薬を塗って治療します。

イボが大きくなっている場合はぬり薬だけでは効き目があまりないので、電気メスやレーザーで焼いたり、液体窒素で凍結させたりする治療が行われることがあります。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染する病気です。

初めて感染した場合、症状が急激に出現して激しい痛みや発熱に繋がることがあります。

また、一度感染すると神経細胞に潜伏しやすく、ストレスや疲労がたまっていたり、妊娠したりと抵抗力が落ちたときに再発する可能性が高いです。

感染力が強いため、患部に触れた場合には手指をしっかり洗いましょう。

症状について

外陰部や膣を中心に、潰瘍や水泡ができます。

激しい痛みをともなうこともあり、歩行や排尿に支障を来すケースも確認されています。脚の付け根のリンパが腫れることもあります。

検査方法

症状が現れている部分からウイルスを採取して調べます。

血液検査で抗体を調べることもあります。

治療方法 内服薬、外用薬、点滴を使い分けて治療します。

費用

ダミーテキストタイトル ダミーテキストが入ります
ダミーテキストタイトル ダミーテキストが入ります

ご予約・ご相談はお気軽に

中区金山で産婦人科をお探しでしたら、

当院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_052-339-0033.png
  • WEB診療予約はこちら